工作

1_2 ふと、フラップを改造したくなって、ガリガリやってしまいましたの絵。 こういうちょっとした工作で、ぷらもが生き生きしますよね。 ウエポンベイもきれいにやすりました。

 

2_2 あとは万力に上下からはさんでもらいます。 ぷらもが古いからか、熱のためか、微妙にそってるんですよね。 とくに機首部分は合いがXです。

|

組み立て開始

時間がありましたので、さっそく、開始します。

1 インテークまわりは、メタリックグレーで吹きます。 つくりは、なんとなく厚ぼったいです。

 

2 ウエポンベイが機首にあるんですが、合いも悪く、完全封鎖してしまうことにしました。 ウエポンベイって開けっ放しだと、ちょっとかっこ悪いんですしねぇ。

|

伝説がいま、よみがえる・・・

意味深なタイトルをつけましたが、ついに、あの伝説がきたのですよ・・・と、ある知り合いの中国人の方に、分けていただきました。 3個蜜柑があるそうな。

そいつは、これ。

1 YF-23 Black widow   キタコレ!

これまた長年探し回っていたんですよねぇ。。。 廃盤なんでしょうかね? 中学生のころほしかったんですが、買おうと思っておこずかいを貯めたときには、すでに在庫なしでした。 イタレリパッケージ版はまだあるんですかねぇ?? (注)一週間前、アメリカのEbayオークションに出てたんですが、送料込み40ドル(約4100円)で落札されてました。 おそるべしデカルチャー。

2 中身はもちろんイタレリ製で、凸モールドです。 でも、いいんですよ、YF-23なんですから。 ふたを開けると、、、おぉぉ、このかほり・・・まさしくYF-23です。

 

43  いつもはパッケージの封を切らずに見るだけですが、本日は、中身をチェック。 単純なパーツ分けですが、丁寧に仕上げようと思います。 でも、もし、欠品があっても、もう在庫はないんでしょうねぇ。。。

|