20番機 ロールアウト!

夏休み最終日、 おのおのがた、さまざまな思いで、今日の日を迎えられていることかと思います。 本日も、淡々と、粛々と、プラモ、進めたいと思います。

本日はまず、 スミイレから。 いぜん、エナメルシンナーだと思っていた溶剤が、エナメルブラシ洗浄液だと知ったのは、最近のこと。。。 それまで、エナメルをその洗浄液で溶いて、スミイレすると、ラッカーの塗装膜が、ぼろぼろはがれるので、おかしいなと思っていたのですが、最近になって、エナメルシンナーは別物だということに気づきました。 テスターさん、紛らわしいので、ラベルに日本語表記もお願いします(笑

1 さて、エナメルシンナーで薄めた黒を、モールドに乗せていきます。 赤のラインは、塗装にしてよかったと思います。 デカールだと、こんなにきれいにエナメルのラインがのらないですもんね。

 

23 綿棒で、ぼかしながら、はみ出た部分を消していきます。 んー、アニメキャラっぽい仕上がりになりましたね。 乾燥後、すぐに組み立てに入りました。 ガウォークって、あんまり劇中でも出てきませんが、結構気に入ってます。

お待たせしました、VF-1J ガウォーク 完成です。

45 んー、かっこいいです! 完成作品をあんまりマジマジと見ることはあんまりないのですが、完成品を見ながら、ひさびさに目が細くなりました。 さて、次は何じゃ~!!

| | コメント (2)

デ、デカールがぁ!

もう、夏休みも終わりですね。 いま、必死こいて宿題やっているアナタ。 押入れから古い新聞を出してきて、過去一ヶ月の天気を調べているアナタ。 ちょっと、休んでプラモでも作ってみませんか?

1_4 さて、昨日の続きからです。 本日は腕の製作です。 この腕のパーツもバトロイドの腕とは違い別の金型で作っているようです。 アリイ製作所! 力のいれどころが違いますよ。。。
 

乾燥待ちの間に、デカール貼りの用意でもしようかなっと・・・ ん、デカールはどこだ? あれ、あ゙ーっ。

2_4 なんと、むごい事に・・・。 アリイのマクロスカタログにデカールが引っ付いて、カタログがデカールに引っ付いてしまっている!!!

 

こ、これでは、デカールで、VF-1J特有の赤いラインを表現できないじゃないか・・・。

ということで、機体にマスキングを施すこと30分。。。

3_3 こんな感じになりました。 んー、30分のロス。 まぁ、しょうがないなぁ。 20周年記念に15周年の機体を作ってるんだから、デカールに傷みがあってもしょうがないか。。。 某模型屋さん、どこに保存してあったんですか? 返品するにも返品できないなぁ・・・。 ということで、また明日・・・。

| | コメント (2)

足の製作

1_3 引き続き、塗装ならぬ、サフ吹きです。 エアインテーク部分のつくりは、かなり悪く、かなり削らないと、足関節がはまりません。 なので塗装前にがしがし削りました。
 

2_3 このすねの部品も、バトロイドのものは流用していないみたいです。 こういう似たようなものは、流用する会社が多い中、アリイ頑張ってますね。 今日は用事があるので、これにて終了。

| | コメント (0)

可変翼

前回の車で エネルギーをかなり使ったので、今回はかるーく進めています。 本日はまず、武装のガンポッドから。

1_2 以前バトロイドを作ったときのガンポッドとは、金型が違うみたいです。 銃口手前下の、形式番号を取り付ける部分のモールドが凸モールドになってます。 だからどうした、といわれても、特に・・・としか答えられませんが。

2_2 コックピットの完成。 ちなみに、パイロットは付属してません。 今回、基本色は白ですが、白スプレーを吹くより、白サフだけでも十分な発色を得られるので、白サフマクロスで行ってみます。 つやなし白より、白サフの方が好きなので、いつも代用してます。

43_25  次は本日の目玉、可変翼です。 この可変用のギア、噛み合わせが悪く、ちゃんと閉じたり開いたりが、スムーズにいきません。 なので、クラフトナイフで、先をまるーくしていきます。

| | コメント (0)

20番機 発進!

 別にプラモ中毒とか、TVは面白くないとか、どこぞでネット祭りがないという理由だからではありません。 たんに、プラモが好きなんです。

1  クリアー地獄のあとには、リハビリを兼ねてというか、もとの路線というか、そういうことで(どういうことで?)、マクロスシリーズ戻ってきました。

 そういえば、ハセガワのHPを見ていると、マクロス20周年記念 特別マーキングの VF-1とVF-19が予約販売されてました。 もう、15周年どころじゃないですね(笑

 ハセガワのプラモだけで数十個作った私(F-16シリーズだけで12個はつくりました)からひとこと。 「ハセガワ様。 VF-11とVF-17は、何ゆえ販売されないんでしょうか? VF-11は、カラーバリエーションと編隊作成のために少なくとも10機は買いますよ。 VF-17は量産期と隊長機合わせて2機買います。 VF-17なら、F-117の金型を一部、ちょこちょこっといじるだけで、VF-17になるじゃないですか・・・」

この、VF-11とVF-17がリリースされない件、謎なんですよねぇ。 版権の関係かなぁ・・・。 VF-11MAXLとか、オタク度かなり高くて、かなり売れると思うんですが・・・。 比較して申し訳ないですが、T-2練習機の限定版プラモよりよっぽど売れると思うんですが? ハセガワ内部のみなさん、ここのBlogを見ていたら、ぜひご考慮ください。 で、VF-11を10個買って、証拠にここのBlogに写真をアップしますから(切実。

さて、ひとしきり青年の主張を終えましたので(笑 さっさと、内部紹介から。


2 お、今回はマイクローン化した後のミリアですね。 といっても、知らない人は多いかと思いますが・・・。

 

3 前回の繊細塗装が求められたフェラーリとはうってかわって、筆塗りで、がしがし進めていきます。 アクリル、伸びがいいので、乾燥すると、ムラが見えなくなります。 肩の力を抜いて、かるーく、進めていきますので、今回も最後までお付き合いをば。

| | コメント (0)