16機目 ロールアウト!

新潟大地震のニュースは、被害の全容が明らかになるにつれ、アメリカでも大きく報道されるようになりました。 亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。 アメリカからも、援助金が送られてそうですね。 わたしも学生の頃、阪神淡路大震災で通っていた学校が半壊し、授業そっちのけで割れた窓ガラスの後片付けをした思い出があります。

では、話題をもどしまして、本日はまず、デカール貼りから。

0 一番のポイントは、これ、「AngelBirds」のデカール。 これをつけるだけで、アナタもAngelBirds・・・。 意味わからんですが。 このデカールしっかりしてます。

 

2 足回りの取り付けもささっと済ませます。この発射カタパルトのおかげで、垂直尾翼を破損することなく、裏向けたまま作業が出来ます。

 

それではお待たせしました。 16機目 VF-1A エンジェルバーズ どぞ。

Imgp1602 キラーリ ひかって 急降下

 

 

Imgp1600 ゴォォーと ふかして 急上昇

 

 

Imgp1603 長くお引く 飛行機雲でー

 

 

Imgp1601 ここに 堂々の完成

 

 

Display 箱絵の同じカラーリングに今回こだわってみました。 今回も、製作日記にお付き合いいただき、感謝であります(敬礼

さて、 次はなにでいくかな?

| | コメント (2)

キャノピーの仕上げ

Imgp1588  これ、前にもありましたが、ハセガワマクロスシリーズの、キャノピー。 このちょっと真中の膨らんだ成型のために、どうしても真中に合わせ目が出来てしまうそうです。 でも、これが致命的なんですよね。 前回、Su-27製作したときに、すりガラスキャノピーを作ってしまった私としては、あの悪夢に、指先が震えます。

Imgp1591 しかし、アニメにない合わせ目は消さねばなりません。 前回#600で失敗したので、#1200から、やすりがけスタート。 んー、前回の悪夢がよみがえります。 このまますりガラスキャノピーになったらどうしよう・・・。

Imgp1592 で、キャノピーフレームの塗装。 メリハリのある黒が指定されてます。 やすり痕ですか? それはお楽しみに。

お気づきの方もおられるかもしれませんが、今回から、マスキングゾルは、「マスキングゾル改」にバトンタッチしました(日本旅行で入手)。 以前のマスキングゾルはブルーでしたが、新製品はグリーンですね。 なんだか、ウルトラマン怪獣の血液みたいな色です。

Imgp1593_1 キャノピーのマスキングゾル乾燥待ちの間、垂直じゃない垂直尾翼を製作。 デカールより、仕上がりいいと思うんですが。  そのおかげか、あまりのデカールがどんどん増えていきます。 さて、明日には、完成かな。

| | コメント (0)

新兵器投入

学生さんは、そろそろ夏休みに向けて、そわそわしている頃でしょうか? もう夏休みを消費してしまった私には、関係のない話ですが・・・。

今回ご紹介する新兵器は、これ!

Imgp1584 新星インダストリー社製 マクロススタンドです。 スタンド2つ入りで、機体に合わせたステッカーも入っています。 ガンダムスタンドに対抗した商品でしょうか? でもこれ、飛行機用なので、バトロイドは載せられません。

Imgp1585 組み立て1分、急なスクランブル発進にも対応でき、台座は各種SDFに取り付け可能です(何。 角度は4段階くらい調整できるので、水平飛行から急上昇まで表現できます。 では、それをどう使うのかというと・・・。

Imgp1586 組み立てや塗装用に使えます。 これは便利ですね。 支えるアームの間隔も調整できるので、他の飛行機製作のときにも使えそうです。

| | コメント (0)

機首の塗り分け

ちまたでは、あまりの製作作業の進み具合に、「かず①、かず②、かず③・・・」と影武者がいるのではないかとささやかれていますが、そんなものいません(笑 なぜなら、私自身「製作すること」自体が趣味なので、誰かに頼んで作ってもらったやつをここで発表しても何の意味もないことだからです(笑 ちなみに、もし、わたしがもう一人いれば、今の「倍」のスピードで製作が進んでいることでしょう(30機目製作中とか?!)

では、粛々と作業をすすめます。 本日はエンジェルの頭 機首の塗装です。

Imgp1581 マスキングを施し、赤・青のラインを引いていきます。 迷彩塗装と違ってこういう派手な塗装は、下手が目立たなくていいです。

 

Imgp1583 この機体はロボットというより、普通の戦闘機プラモとして作ってあるみたいですね。 モールドもきれいに入っていて申し分ないです。

 

Imgp1597 巷で有名なカルトグラフのデカールが入ってました。 このデカールが入っていることが、この製品の売りみたいなのですが、色がねぇ・・・。 箱絵に惹かれて買ったわたしとしては、デカールの赤・青ラインは、ケバく見えます。 横にさっき塗装の乾いた機首を並べてみましたが、色の違いがはっきりわかると思います。 箱絵の淡い色の塗装に比べて、デカールがあまりにも枯れた色だったので、今回デカールを使わずに塗装にしました。 手間は倍かかりますが、これも、完成の満足度を上げるためですね。

| | コメント (0)

16番目 天使の翼

もう、日中の温度が40度を越えても、不思議に思わなくなったかずですこんにちわ。 この時期はビールもいいですし、冷やしたワインもおいしいですね。 湿度も10%台なので、汗をかいてもべたべたしません。 これぞ、北カリフォルニア気候といった感じです。

さて、16番目にSDF-1から出撃するのは、これ!

Imgp1150 VF-1A エンジェルバードです。 以前29.99ドルで売られていたものが、セールで19.99ドル変わっていたので、即ゲットでした。 もともと定価2000円なので、かなりいい買い物だとおもいます。 しかし、店主の白人の親父は、ぜったいマクロスなんて見てなさそうですがねぇ。 でも、可変VF-19のメッキバージョンプラモとか、ストライクガンダム初回限定台座付きガンプラとか、マニアックな品揃えです。 最近、モスピーダを輸入してました・・・(汗 こんな店が近くにあるのはラッキーですね。

Imgp1242 さて、さっそく組み立て開始。 この箱絵をみて、この色使い、気に入りました。淡い感じの青と赤のラインがきれいですよね。 ベースは白なのでサフを軽く吹いたあと、グロスホワイトを吹きました。 このシリーズは足があと付けできないので、先にガンメタで吹いたあとマスクしました。

Imgp1243 次にこの機体のポイントである胴体の赤・青ストライプ。 今回はブライトレッドとスカイブルーをチョイス。 マスキングをしっかりしておかないと、大変なことになりそうなので、マスキングテープの上を指でぐりぐり押して圧着させます。

Imgp1563 イメージどおりのカラーリングに満足です。 ここまで、箱を開けてから約2時間。 今回もハイペースで進んでいきます。 翼のラインは、マスキングテープを3mmに裂いて細かくマスキングしました。 2時間のうちほとんどをマスキングに使ったかも。

| | コメント (2)