トーネード 完成

8月5日の トーネード開始の記事から3ヶ月。 途中、水祭りなどをはさみまして、延び延びになっていたのですが、ようやく、完成しました。

Tornado ECR Tigermeet 2001

01_11 正面写真が、二枚です。  

 

 

02_8 やはり、デカール貼りが大変でした。

  

 

03_4

翼は可変します。 パイロンも左右に振れるので、翼の角度に応じて、ミサイル燃料タンクの向きも変えられます。

 

04_1 サイズ48のEF-2000とF-16を並べてみました。 大きいです。 これで、蜜柑の機体がひとつ減りました。 機体側面(胴体)のモールドは、ほぼないといっていいくらい、かすれてしまってます。 機首のモールドはいいです。 トーネード好きな方には、ぜひぜひ作ることをお勧めしますよ。 価格的にも、トランペットやアカデミーみたく高くないので、ぜひ挑戦してみてください。

| | コメント (3)

あと一歩・・・ (ガルド風)

01_5尾翼の修復もおわり、メインのデカールの貼り付けも終わりました。 あとは、タイヤ・兵器類をつけて、コクピットをいじれば完成です。。。

| | コメント (2)

機体損傷!

以前、ひっそりと進捗を見守っておられる模楽造さんに、注意をいただいたのにもかかわらず・・・ トーネードが・・・

01_3 ぼきっ!!!!

水平尾翼の軸が折れてしまいました。 ほんのちょっと、手の甲が当たっただけなんですよ・・・ (泣

しかし、くよくよしても仕方がないので、機体、尾翼の両方に穴を開け、銅線を埋め込みました。 こういう外科手術をしやすいのも、大型模型の利点かもしれませんね。。。

02_1 こんな感じです。 1mmのものを埋め込みました。 Revellさん、可動部は、ポリキャップか、金属補強でお願いします。。。

| | コメント (4)

兵装 であります 

最近、トーネード一筋のかずですこんにちわ。 このECRには、HARM X2と AIM-7L X2が装備されてます。 あと、ECM Podと、BOZ 101というのも装備されてます。 ということで、以下がその写真です。

01_2 手前のフィギュアがサイズ72、奥がサイズ48です。 タイヤを横に並べると、ジャンボジェットのタイヤのように見えますね。 右手前がECMで、奥(AIMの前)がBOZです。

| | コメント (2)

カメラ復活 であります

カメラが復活したので、仮組み写真を載せておきます。 大きさの比較のために隣に1/72のF-16XLを並べました。

01_1 こうしてみてみると、トーネードは、給油機みたいですね。 なにせ、F-16XLの排気口と、トーネードのタイヤとほぼ同じサイズですから、その大きさが想像できるかと思います。

想像といえば、パイロンの図、やっぱり載せておきます (笑

P ま・・・こんなかんじです。  よけい混乱させたかも。 でわでわ。

| | コメント (2)

組立作業 であります

昨日の記事は、酔った状態で書いたので、突っ込みはなしということで。。。

さいきん、カメラの調子がよくなく、今回は、写真なしです。 トーネードの胴体、機首がほぼ完成したので、仮組みをしてみたのですが、完成後どこにおくか?という疑問が浮上しました。 テレビの上には、EF-2000、F-16A、F-16XLなどが陣取っていて、とても、1/32のトーネードをおくことは、不可能です。 そこで、天井からつるそうかとも思っています。 みなさんは、大型作品、どこにおいておられるんでしょうね。

さて、話は変わって、パイロンの件ですが、写真がなかったので、文章で説明しますと、パイロンの突起部(翼に挿入する部分)が、くぎの頭のようになっていて、そこに、Oリングをはめることによって、パイロンが左右に回転するようになっています。 たとえがよくないかもしれませんが。。

| | コメント (3)

猛虎ファンご用達のキャノピー であります

今日もチマチマと進めているかずです。

本日はトーネードの風防塗装にかかります。 指定色は言うまでも無く、ど派手なオレンジ(笑。 指定なので、このまま逝きます。

風防に竹串を取り付けて、いざ、塗装にゆかん。 ぜんかいマスキングゾルでマスキングして、他色との境界の塗装が甘くなってしまったため、マスキングテープに戻しました。

1_11 何回見ても、原色というのは、目がチカチカしますね。

 

 

マスキングをはずすと、、、

2_8 ご覧の通り、きれいに塗装がのりました。 私には、やっぱり、テープのほうが向いてるようです。

| | コメント (2)

垂直尾翼もキレイ であります

なんか、日本周辺が穏やかでなくなってきましたね。 こちらでも、NEWSチャンネルは、朝から晩まで、極東ニュースで持ちきりです。

さて、実物だったら、ぜひ、日本の防衛に派遣したい、トーネード、垂直尾翼まで完成しました。 とりあえず、胴体に乗せてみて、合いをチェックしてみました。

1_10 こうやって、仮組みすると、なんだか、ワクワクするのは、私だけでしょうか。。。

| | コメント (0)

一歩一歩漸進 であります

さて、こんにちわかずです。

ココ数日プラモ製作から遠ざかってましたが、すこし進みました。 トーネードは可変翼ですので、胴体に取り付ける前に、塗装をしなければなりません。 そこで、グレー迷彩にし、パイロンも取り付けました。パイロンも、左右に回転するので、翼を後退したときに、パイロンとそれに付属する兵装の向きを変えられます。 マクロスのバルキリーを製作したときは、翼とパイロンの接続部分がポリキャップになってました。

1_9 いい感じに見えます? 虎柄が、かなり目を引きますが、胴体や機首もかなりハデハデなので、そちらのほうが、目立っているかもしれません。 

| | コメント (2)

ハデハデ であります

ちょっと、仕事が忙しく更新がぼちぼちのかずですこんにちわ。

1_8 コックピット周りも、オレンジ一色となります。

 

 

2_7 で、これが出来上がりの作品。 目がチカチカしそうな色ですね。

| | コメント (0)