十二番機 ロールアウト!

またまた 間が開きましたが、12番機 F-19完成です。

まずは、悪戦苦闘の製作日記から・・・

000_18 翼うすうす作戦に失敗した後、尾翼、ラダー?の取り付けを始めましたが、これまた、「厚ぼったい」。 グリコのおまけに負けてるぞ・・・。

 

001_18 車輪は、そこそこディーテールが細かいですが、すべてのモールドが埋まっていて、修正不可能でした・・・。

 

002_12003_8 でも、根性で挌闘すること1時間、すこし細部が浮き上がってきました。

 

004_2 フラットブラックを吹いてみると、そこそこ見れる感じになりました。

モールドはなげやりです(何

 

そのまま勢いでデカールを貼り、完成です。

005_2007_2

なんだか、悲しい12機目となりました。

| | コメント (4)

十二機目は、SFで

仕事が忙しいという理由で、プラモができないのは、真のプラモデラーとはいえませんね。 自嘲気味なかずですこんにちわ。

今回取り組むのは!  F-19です。 ちょっとまえ、アウトレットに行ったとき、近くのプラモ屋で偶然見つけました。 ちなみに5ドルでした。 安いのかな?

さっそく、箱の写真をば・・・

000_17 んー、近未来的な形状の機体ですね。 しかし、こんな形の機体が、格闘戦で生き残れるとは、到底思えませんが・・・。 どっちかというと、A-19と名づけて、A-10の後継機にしたほうが、いい選択かもしれません。。。

001_17 中身は、20ちょっとのパーツと、デカール。 キャノピーは一応クリアーのものが付いてますが、コックピットの形とだいぶ違う気がします・・・。

 

002_11 さっそく、胴体の製造から・・・とおもいきや、翼のあまりの「厚ぼったい」感に圧倒されました・・・。 ドイツレベル、いかんぞ、これは・・・。

やすかろうわるかろうの悪夢再来・・・。

003_7 1時間ほどガシガシ削って翼を薄くしましたが、これ以上削ると、今度は、胴体の「厚ぼったい」感が目立つので、ここでやめときます。 しかし、これはクオリティー低いなぁ・・・。 技術と根気のないわたしには、厳しいキットのようです。。。

| | コメント (6)