今年 第一弾

あけましてよろしくおねがいしますのかずですこんにちわ。

変な時期にバケーションを取ったためか、12月頭からいままで、脱力系でした。 みなさまはいかがおすごしでしょうか。

年間30作品を標榜しておきながら11作品と、情けない結果に終わってしまい、今年こそは、30の大台を目指します。

さて、今年第一弾は、昨年未完成に終わったF-14A++の報告をば。

12  シン機のF-14A++には、翼端にへんなストライプが入ってるんですよね。 そこでそれを表現してみました。 あとは、デカールを貼って完成です。

 

では、F-14A ++ 工藤シン機 どぞー

  5 43

|

キャノピー塗装

こちらはどよーんとした天気が続いていますが、みなさまの所はいかがでしょうか。

1 やはりこの季節、パテが生乾きなので窓辺において乾燥を試みるのですが、あいにくの曇り空+加湿器のため、全然乾燥しません。

 

23  なので、しかたなくキャノピーをば。

|

突貫工事

もう、冬ですねぇ、といっても、私が住んでいるところは、雪降らないですが・・・。 でも、夜は50F°まで下がります。

さて、湿度も上がるこの季節(夏乾燥・冬湿潤)、さっさと塗装をしないと生乾きになってしまいますので、ペースを上げていきます。

1_2 急いで製作しているので、途中の写真がありませんが・・・。 ハセガワのトムと比べるまでもなく、「合い」なんてキーワードはありません。

 

2_2 張り合わせて、塗装した後に段差発見。 Blogモデラーズのみなさんは、こんな拙いミスしないと思いますが・・・。 また、あちらこちらに隙間が・・・。 接着剤の溶接ではぜんぜん間に合わないです。。

 

3 ちなみに、この溶きパテ 4.40ドル(約450円)もするんですよ。 日本では、Mr.カラーの数十円の値上げでかなり話題になっていますが、こっちでは、そんな値段じゃ買えませんよ(倍はします)。 そう考えると、アメリカでプラモするのは、結構道楽なのかもしれません。

|

賛否両論

工藤シンのキャラ設定には賛否両論ありますが(特にVol.1)、ドッグファイトは中々よかったです。

で、工藤搭乗機のトムキャット、限定生産のため、入手できず、悔しい思いをしていました。 が、そこは、F-16Blogといいながら、VFを作りまくるわたくし かず、F-14A ++を自作するときが来たようです。 まぁ、自作といっても、デカールと塗装で表現するだけなので、みなさまのようなPro並みの魔改造を期待されると困ります(笑

で、いぢられる機体は、これ

1 ESCIのF-14Plus 

Ebayで大量落札した中に入っていたオマケキットです。

 

2

デカールは、2種類選べる力の入れようですが、肝心のキットのモールドは脱力系です(汗

さて、どう料理すっかなぁ。 あ…期待せずに、またお越しください。

|