« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

あぁ・・・

まだ、2008年が始まって20日ちょっとなのに、すでに、4作目に突入しています。

その4作目とは?

1_5 DUEL GUNDAM です!  って、あれ、かなり楽なものを選んでしまいました。 というか、反ガンダムじゃなかったのか?> かず。

 

2_4 という話はさておき、中身を確認。 300円という値段には似合わず、細かく部品が分けられています。 その部品の精密さは、Hellerの比ではありません(笑

 

3_3 むむっ、説明書が、パッケージの底にひっついてる! とおもってよく見ると、底に印刷されてました。 なんと合理的資源有効利用的なパッケージ作りなんでしょうか。 このエコロジーな姿勢に、ちょっと、反ガンダム度が下がりました。

| | コメント (0)

試乗会

1_4 この、IMPREZA製作日記も、本日で最後となりました。 まず、窓の製作です。 お察しのとおり、ゆがんでいるので、ボンドでは圧着できず、瞬間で貼り付けました。

 

蜜柑山に送ることなく、この日を迎えることができました。 
SUBARU IMPREZA WRC'01 です。

4_25673_2    2_3 

 

 

さて、次は何を料理しようかな。 ポキポキ (指を鳴らす音)

 

 

プラモに関係のない私事ですが、こんなものを買いました。

8

| | コメント (4)

水瓶の改造

タイトルだけ見てとんでこられた方、すみません、タイトルとBlogに関連はありません。 唯一あるというなら、IMPREZAのボンネットに無残に開けられた穴、そう、冷却穴の加工のことなのです。 写真のとり方を工夫してみましたが、あんまり変わってないですね・・・。

01 とりあえず、どう埋めようかと道具箱を見ると、ありました、いいかんじのパーツが。 これは以前、何かに使うだろうと思って購入したものの、全然機会がなかったシロモノです。 やっと日の目をみました。

02 水瓶をふさぐ適当な大きさに、カットします。 こういう改造って初めてなので、なんだか、ドキドキしますね。

 

03 軽く、フラットブラックを吹いて乾燥させます。

そんでもって、裏側から瞬間で接着します。

 

04 おぅおぅ。 なかなかカッチョよろしいじゃありませんか。 実車にない設定ですが、こういう金属部品を取り付けることによって、実車とはまた違った雰囲気になりますね。 しかし、実車ONLYな方たちからはブーイングの嵐が・・・。

| | コメント (0)

クリアーの吹き付け

じわじわと金利が下がってきたアメリカからお送りするプラモBlogへ、本日もようこそ。

本日は、クリアーがけに入ります。 雨季もようやく過ぎ去り、すこし晴れ間も出る天候になってきましたので、ガンガン塗装していきたいと思います。

本日は、仕事前に軽くクリヤーを吹き、そして、帰宅後2度目のクリヤー吹きをおこないました。

その結果がこちら。

1_32_2  写真技術がないので・・・微妙なニュアンスが伝わりませんが、孫にも衣装よろしく、かなりテカテカな仕上がりとなりました。

| | コメント (4)

デカール貼り

「はやっ!」

というツッコミは、このF-16Blogでは、かるーく受け流します(笑  これが、このBlogのスピード製作です。 その分、クオリティーが犠牲になってますが・・・。

さて、デカール貼りです。

1_2 今回のデカールは、ごわごわの、のりしろを極力少なくするために、スバルの星マーク全てを切り離し、貼り付けました。 こうすることで、すこしでも作品のレベルをマシにしました。

| | コメント (0)

車輪の製作

つい先日、あけましておめでとうだったのに、もう、1月も半分過ぎましたねのかずですこんにちわ。

1 本日はまず、車体の製作から。 ディスク部分に金を吹き、リング状のモールドには、チタンシルバーを塗りました。

 

2 にゃーんともいえない全体写真。 泥除けはすべてゆがんでます。 車体はお湯につけてゆがみを補正しました。

 

34  ボディ塗装にも着手。 この上にデカール、クリアかけと進めていきます。 今回はゴミもつかず、いまのところきれいに仕上がってます。

| | コメント (0)

シートの製作

昨日は、模楽造さんから、あたたかいコメントを頂き、幾分、Hellerに不満が軽減されました。 やはり、Hellerはイワクつきの会社だったのですね。 しかし、「ヤル気を感じないっす」と模楽造さんに斬られたHellerのIMPREZAを前にした私は正直、

щ(´□`)щ オーマイガーッ!!

な気分なのですが、本日も、神も仏もない製作いってみます(笑

シートは、何色にしようか迷ったのですが、

1 こんな感じで・・・。 え? これ、何色? といったあなた、予習が足りません(笑 いぜん、Modenaを作った際の床の色です。

  

2 シートベルトは付属のデカールをはってみました。 どんなものでしょ。 このデカールはコーティングが分厚く、ゴワゴワと、しっかりしてました・・・。

| | コメント (2)

接写に耐えないタイヤを拙者が接写してみました

キットレビューの際にもかきましたが、タイヤの状態がハゲしく悪く、ささくれ立って鮫肌になっているのですが、それ以上にひどいものを発見してしまいました。  それはないよ、Hellerさん。。。

1_3 まず、ホイールの塗装から。 アクリルのゴールドを吹きました。

 

 

2_3 接写に耐えないタイヤを拙者が接写してみました(?)

これは、仕様なのでしょうか? と目を疑わんばかりの惨状です。

 

3_2 この接写に絶えないタイヤに匹敵するのが、こちらのデカール。 印刷部分と糊がついている部分がずれているので、水に浸すと溶けてしまいます。 デカールはこれだけでなく、全体的に全てずれてます。 これはもう、HobbyCraftのスホーイ以来の痛キットかもしれません・・・。 暗雲垂れ込める先行きです・・・。

| | コメント (3)

え? もう塗装開始?

毎日 コツコツとプラモ道を邁進しているかずですこんにちわ。 なぜ、そんなにとり憑かれたようにプラモをするのか、自分にもわかりませんが、楽しいからです、と申しておきましょう。

1_2 さっそくですが、内装塗装から。 何色にしようか迷ったのですが、セミグロスブラックで。

 

2_2 で、表面の傷チェックを・・・ この上にラッカーのマイカブルーを後日吹きます。

| | コメント (2)

改造

こんにちわ、ラリー車にめざめたかずですこんにちわ。 Hellerの厚ぼったいボディは如何ともしがたいのですが、改造をちょっと施したいと思います。

1 とりあえず、厚ぼったいボディにひけをとらない、厚ぼったい内装(笑  良い子は素直にTAMI(以下略

 

2 で、改造部分なのですが、ボンネット前部、変な穴があいてます。 水貯めですか?

 

3 んー、意味ありげな凸なんですが、なんだかなぁ、ということで、切り取ることにしました。

 

4 金属用ニッパでガリガリ切り取っていきます。 まさに力技。

詳しい方、素人仕事でごめんなさい。

 

5 はい、このとおり。 きれいに穴があきました。 で、どうしましょうか(笑

ここには網目でも貼ってみます。

6裏から見ると、雑ぃ作業が見て取れます。 でも、なんだか、すっきりした一日でした。

| | コメント (0)

成型時の合わせ目消し

1_6  成型時の合わせ目けしからいってみます。 ちょうど、写真中央くらいに、縦線があるとおもいます。 これは、以前、フェラーリを作った際にもありました。 この合わせ目って、どんな車キットにもあるんでしょうかね?

最近のキットは、イロプラになっていますが、どうせその上から白で一度色をリセットして塗装しなおすので、キットはカラーより、白で作ってくれたほうがいいかもしれませんね。 まえのフェラーリも赤プラでしたが、一度サーフェイサーで白に戻してから赤を上塗りしましたし・・・。

2_6 で、やすること1時間。 すべての合わせ目が消えました。 あすから、小物製作です。

| | コメント (0)

ラリぃだぜぇ。

今年も、クオリティーはさておき、連打製作のクリーンヒットを飛ばして、みなさまのPCモニターをお騒がせしているかずですこんにちわ。 

先日、躍人さんのBlogを拝見していた際、「今年はラリー車をたくさん作る」と書かれていたのを見て、「ラリーカーか、いいなぁ、作るか」と思い立ち、今回挑戦するのは!(有野の挑戦 風)

1_4 SUBARU IMPREZA WRC’01   by Heller  です

 

 

なぜに、TAMIYAではなく、Hellerなのか??

答えは簡単、TAMIYA製のものは、多くのプロモデラーの方々が写真をアップされていて、そんなすごいものと私のものを比較され、「かずのIMPREZA? ぷぷw」って笑われても困るので、「え?Hellerって、IMPREZAだしてたの?」 っていうくらいの知名度のほうがいいだろうという、比較できないほど、裏の裏をかいたチョイスです(笑  ラリコン2007のHPでは、すばらしいラリーカーが展示されてます。

まぁ、セールで10ドルだったのも大きな理由ですが。

2_5 内容のほうは、こんな感じです。 部品点数は少ないです。 ボディは分厚く、結構重いです。 タイヤは・・・・。 劣化したゴムのように表面がボロボロです。 あ、それで、セールなのか・・・。 はっきりいって、いい子は素直にTAMIYA買ってください(笑 

 

こんなヘラヘラHellerHeller??なキットですが、頑張っていきますので、お立ち寄りくださいませ。 (今年は、ダジャれ モード?)

 

ラリコン2007会場
http://storatos.blog106.fc2.com/

| | コメント (2)

わたしの歌を聞けぇぇぇ! By SHERYL

こういう、説明書からはずれた作り方も、なかなか楽しいもんです。 こんにちわかずです。

1_32_4  一応、FRONTIER と SHERYLを 書き入れてみました。 腕のFrontierの文字はいい感じになりましたが、それ以外はへたくそです(汗・・・ 

 

紙に書いたらいい感じなんですが、プラモの表面に書くとちょっと緊張したせいか、思い切りに欠けてます。 しかし、痛度は増してますね(笑

3_2 あと、組み立てれば終わりです。 翼には、Sherylのイラストでも描きこもうと思ったのですが、痛車ならぬ痛VFになるのは忍びないので止めました。  

 

4 キャノピーももちろん、濃いピンクで。 ルージュなカラーでもよかったんですが、このくらいの色のほうがさわやかな気がしたので薄めました。

 

 

では、おまちかね。 2008年度 2作品目
MACROSS FRONTIER所属 VF-1A SHERYL Ver. です!

5786

 

 

 

 

では、次回作もおたのしみに。

| | コメント (2)

で、どうしよう?

で、VF-1AをフロンティアVer.にするのはいいんですが、どのように塗装するかで悩みました。

で、結論は・・・。

1_2 やはり白で。 理由は、特にないですが、シェリルといえば、ピンク・ルージュみたいな感じなので、白ベースにそれらの色を加えようと思います。

 

2_2 これは、日本で仕入れた、クレイオスの筆。 ガンポッドに“WeLoveSheryl”なんて書くと痛度が高まります(笑 そのために買ったんじゃないですが・・。

 

3  機体上面のマクロスライン(と勝手に呼んでいる)を引きます。 ここは、濃い目でいってみたいと思います。

| | コメント (0)

祝! マクロスフロンティア

いやぁ、みなさんみましたか? うわさのMACROSS FRONTIER ディレクターズカット。 いいです、いいです、板野サーカス。 MACROSS ZEROの上をいく軽やかなドッグファイトシーン。 見ていてすがすがしいですね。 日本から送ってもらって、ようやく見ることができました。 このときほど、日本にいないことを悔やんだことはなかったです。 VF-25を早くキット化してください。

とにかく、この感動を、形にということで、

VF-1A FRONTIER “We Love SHERYL” Ver.

いってみたいとおもいます。 

12 

 

 

 

マクロス フロンティア 公式HP

http://www.macrossf.com/

| | コメント (0)

2008年 一号機完成

1_2 足回りを取り付け、デカール貼りを行います。

 

 

 さて、おまたせしました。 2008年度、第一作品 X-32です。 どぞー

2_2453_2   

| | コメント (0)

完成近し

こんにちわ、こっちはまだ正月三が日最終日の夜ですかずです。

1 まず、排気口の塗装から。 ささっと吹きました。

 

 

2 昨日の修正部分はキレイに隠れました。

 

 

3 あとは足回りを作れば完成です。

| | コメント (0)

塗装開始

正月三が日の最終日、如何お過ごしでしょうか? プラモ三昧のかずですこんにちわ。

このX-32は、部品点数がかなり少ないので、本日すでに塗装開始となりました。

1 まず、車輪格納庫内と兵装類をオフホワイトで塗装。 なんだか、濃い目ですが、すごくきれいな発色なので、よしとしましょう。

 

2 機体の塗装には、ライトブルーを。 この色、ビンのふたの色を見るとすごく青い感じがしますが、吹いてみると、実際にはかなり薄めとなります。

 

3 こんな感じです。 どうでしょう? ふたの色よりかなり薄いというのがわかると思います。 あと、コックピット外側の合わせ目がきれいに消えていなかったので、やり直します。

| | コメント (0)

コックピットの製作

初夢、みなさん見られましたでしょうか?

1・富士 2・鷹 3・なすび

今年は、夢を見ませんでした・・・。 が、しかし、 プラモBlogでは、みなさんに夢を見ていただきましょう。 では、正月2日の進捗状況です。

1 このイタレリキットにはパイロットはついていませんので、ハセガワのクルーアクセサリーセットから拝借しました。 キット付属のものよりしっかりしてます。 操縦桿を握らせたかったので、右手を加工しました。 

2 では、早速配色を。 実際のパイロットの皆さんが着ている迷彩服は、タン色に緑の迷彩という感じですが、緑で仕上げてみました。 こっちのほうが雰囲気出るので・・・。

 

3 なんだか、左手が手持ち無沙汰な感じがしますが・・。

| | コメント (4)

新年製作初めまして、おめでとうございます

あけおめです、かずです、こんにちわ。

正月一日ですが、製作再開です。 こんなときにBlogを見ている人がいるかわかりませんが、更新だけはしていきます。

で、2008年、最初の作品とは・・・。

1_62_7 イタレリタミヤ X-32 です。 部品点数は少ないので、さくさく製作できそうです。 ことしも、どうぞよろしく。

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »