« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

ミサイル製作

  明日はハロウインです。 毎年、夜になると、100人以上の子供たちが、いろいろな仮装をしてうちにきます。 今年は何人くらい来るかな?

では、本日もプラモ進捗状況をば。

1今回、プラモが黒いので、まず、色をリセットするためにサフを吹かなければなりません。 バリをとって台紙に貼り付けます。

 

2次に、サフ吹き。 白を吹いても、灰色にするのが限界でした。 これ以上吹くと、厚塗り状態になってしまうので止めました。

 

34  乾燥を待つこと10分。 この上に灰色を重ねます。 まだエアブラシは移行してません・・・ いつ移行しようかな・・・。

| | コメント (0)

胴体製作

もう、お店では、クリスマス商戦が始まったようです。 というか、ハローウィンの時期から、クリスマス用の飾りが売られてます。 行きつけのプラモ屋では、特にクリスマスセールはありませんが・・・。

さて、ほんじつも製作続けていきます。

1 まず、機首に釣り用のオモリを入れます。 この機体、重心が後ろにあるので、そのまま組み立てると、しりもちをついた状態になります。 以前、F-15を作ったさい、オモリを入れるのを忘れ、しりもちイーグルになった悲しい事件がありました。。。

2この垂直尾翼、そんなに複雑な形状をしているわけではないので、分割せず、一枚にして成型してくれたほうが・・・。 このキット、ゆがみが多いんですよね。 なので、こういう薄い部品を張り合わせると、かならずゆがみます(笑

3_24  パイロンは同色なので、そのまま取り付けました。 主翼もちょっと、ゆがみが気になりますね。

| | コメント (0)

パーツの切り出しとコックピット製作

こちら北カリフォルニアはいま、紅葉の時期です。 といっても、日本のような四季があるわけではなく、夏から冬への変わり目が数週間あるだけで、暑い>寒いに急激に変わります。

1_5 さて、ラファール製作開始です。 タミヤのウォーバードは、イタレリのOEMみたいなんですが、イタレリ製品より安く提供しているところがいいですよね。家の近くのお店でも、タミヤとイタレリの同製品だと、タミヤのほうが安く価格設定が成されています。

2_5 パイロンの取り付けには、翼下面に穴を開ける必要があります。 凸モールドなのが気になりますね。。。

 

3_3 コックピットの仮組みをば。 このへんには、エアブラシの出番はまだありませんね。 というか、エアブラシの実戦投入にしり込みしているんですが・・・。

| | コメント (0)

24機目・・・ Elle est une madame noire

ダブルアクションエアブラシ&L5コンプレッサーを入手できて、ちょーご機嫌なかずですこんにちわ。 年末まであと、2ヶ月、年間30作品も射程範囲に入ってきました。 これもひとえに、Blogチェックしていただいたみなさんのおかげです、ありがとうございます。

さて、今回取り上げるのは、フランスの黒い貴婦人 Rafale Cです。 以前空軍使用のRafale Mを取り上げましたが、基本的に違いはなく、仕上げ色とデカールが異なるだけです。

1_42_4  部品点数も少なく、製作はさくさく進みそうです。

| | コメント (0)

満を持して登場

1_3 日本から、ある小包が・・・。 そこには、エアーブラシというマジック書きが・・・

 

2_2 おぉ、これは!! キタんでないですか???

 

 

3_2  おそるおそるダンボールを開けると、キター!!!(当社比20倍)

これは、ダブルアクションエアブラシ&エアレギュレーター&コンプレッサーセットじゃないですか!!

4_2 そうです、日本で特価だったものを注文して、忘れた頃にやってきた代物です。 エア缶ブラシしか使ったことのない私にとって、コンプレッサーは、初めての体験です。

 

5_2 さっそく、仮組みをば(笑  ・・・んー、いいですねぇ。 これで、塗装の幅が広がりそうです。 さて、製作再開しますか!

| | コメント (0)

空軍基地潜入!! その2

前回の更新から、3週間近くたってしまいました。 先般書きましたように仕事が10月から忙しくなりましたので、更新が滞りました。 毎日、Blogをチェックしてくれていた皆様、どうもすみませんでした。

空軍基地2日目 紹介したいと思います。

今回展示されていたのは、T-38、U-2、RQ-4と、燃料補給機KC-135でした。

みなさんが日本で訪れる航空ショーは、もっと派手な戦闘機たちが展示されていると思いますが、U-2や、RQ-4などは、日本のアメリカ軍基地では見かけないものではないかと思い、写真を載せておきます。 当日、リトグラフの販売もありましたが、著作権の関係から、ネットに載せないで欲しいといわれたので、載せてませんが、RQ-4の内部構造イラストはOKだったので、載せていきます。

まず、T-38から。 空をF-16が飛んでいることなどは州軍の基地のそばを通ったときに見ることはありましたが、まじまじと戦闘機を見るのは初めてでした。

2435   

 

 戦闘機の機体表面って、結構たわんでるんですね。 初めて知りました。

 

次に、おまけの J-DAM

1_2

この展示品は、地上整備員の練習用だそうで、重さは実物と同じですが、火薬類ははいってないそうです。 こんな展示はめずらしいんですかね?

 

つぎに、U-2です。 ここ ビーオ空軍基地は、U-2メインの基地だそうで、最近までそのことすら秘密にされていたそうです。 ちなみに、私の知り合いにICBM設計者の人がいます。 アメリカ人の10%くらいの労働者が何かしらの軍事産業に従事しているという統計から見ても、そういうことは、不思議なことではないのかもしれませんね。 では、写真いきます。

687 さすが、秘密偵察機、真っ黒です。 この機体は高高度を飛行するので、パイロットスーツが、宇宙服みたいに分厚いものになってます。 やはり、紫外線を浴びやすいからでしょうねぇ。 ちなみに、このパイロットスーツを着て写真をとるコーナーがありましたが、子供たちに混じって列に並ぶのは恥ずかしく、撮りませんでした。

さいごに、RQ-4 グローバルホークの写真を、どぞ。

01020304 この無人高高度偵察機、こういうのをみると、マクロスのゴーストを思い出すのは私だけでしょうか? 見た目はグライダーっぽいですよね。 でもこの機体、かなり大きいです。 コックピット部分は大型アンテナが入っているそうで、高高度からでも、地上の細かな動きが探知できるそうです。

この基地は偵察系の任務を遂行することが多いそうで、攻撃機などは、州空軍基地に配備されています。 次回はぜひ、戦闘機を見てみたいと思いました。

| | コメント (2)

空軍基地潜入!!

生まれて初めて軍関係の施設に入ったかずです、みなさんこんばんわ。 実はここだけの話なんですが、わたくしかずは、BSA(Boy Scout Of America)という団体に所属していて、スカウトマスターScoutMasterという役職を頂いております。 といっても、週末に、近所のボーイスカウトの子供たちをキャンプや釣りに連れて行くだけのボランティアなんですが、名前だけ聞くと、たいそうな仕事のような気がしますが、わたしはたいそうな事はしてません(笑

で、今回、このボーイスカウト。 空軍基地の中でイベントを行うこととなりました。 使用された基地というのは、私が住んでいる町から北へ50分くらい行った所にある、ビーオ空軍基地でした。 

BEALE AIRFORCE BASE ← リンク貼ってます。
そのときの記事  ← リンク貼ってます。

1_22_2 この基地、グーグルアースなんかで見てもらっても分かりますが、「広い!」の一言に尽きます。 どれくらい広いかは、東京ドーム何個分かで表せられるレベルではなく、一つの町がすっぽりと入ってしまうくらいの面積を有します。

3_2  この日は、7000人以上の子供たちが北カリフォルニア全体から集りました。 それにしても、すごい数です。 あまりにも多いので、キャンプの開所式は2回に分けて行われました。 少子化で悩む先進国の中で、唯一子供に不自由しない国ですね。 そのかわり、児童手当はありませんが・・・。

4_2 星条旗を持った、各地区のリーダーたちが並びます。 日本で、子供たちに日の丸の旗なんか持たせて並ばせたら、左翼系の公立学校の教職員がヒステリー起こすんでしょうねぇ? 
まったく、「なんかおかしいよ日本人(笑)」

5_26 開所式の締めは、なんといってもコレ。 先住民の方々による、空砲です。 なんか、アメリカだなぁと思う瞬間です。

 

7 何頭かの馬もいたのですが、馬どうし、馬が合わないようで、終始うなり合っていました。  あ、うまいこと言った!

 

でも、馬が合わないというのは、馬と騎手の相性がよくないって言う意味ですよね。。。

8開所式が終わると、さっそく空港へ向かいます。 これが目的ですよねぇ。 向かうといっても、片道5kmもあるので、バスで向かいます。 なにせ、基地の中に学校や病院、バス停、教会、スーパーからガソリンスタンドまでありますから、町といってもいいくらいですね。

910 格納庫のなかですでに人でいっぱいでした。 この基地には蛇が多いらしく、いろいろな蛇の飼育ケースが置かれてました。 毒蛇だそうです。

 
明日に続く

| | コメント (0)

23機目 ロールアウト

訓練最終日、大空へ飛び立つ日がやってまいりました。

1 まずは、手直しから。 このテスターのボンド、タミヤのものより少ないのに高いんですよ。 しかも、丸いので倒しやすいです。 と、すこしボンドのレビューしてみました。 まぁ、日本で使うことはないと思いますが・・・。

23  一通り組み立てが終わり、デカール貼りです。 今回から、マクロス製作にもアクリルを使いましたので、エナメルでスミイレするのは、ちょっと怖いですね。 なので、やめときます。

では、お待たせしました。 VF-1D 複座訓練機 完成です!

  45

| | コメント (0)

訓練四日目

ガンプラ人口は増えてるんでしょうけど、プラモ人口は減ってるんでしょうかねぇ。 アメリカにもスケールモデルを扱うWebShopがあるんですが、ここ1年で2店なくなりました。 結構おおきなWebShopで、日本の道具はほぼそろうお店だったんですが・・。  それにかわって台頭してきたのは、フィギュアShop。 ごていねいに、色ハゲしたフィギュアの修正を解説した英語サイトまであって、アメリカにも、ついに日本のフィギュアが上陸ですね。 一番びっくりしたのは、プロレスラーの胸像フィギュア。 なんというか、どこに飾るんでしょうねぇ・・・。

さて、ほんじつは、マスキングはがしがメインです。

1_22_2  昨日のオレンジ(バーミリオン)は、きれいに乾いたようです。 はみだしもほとんどなく、きれいに仕上がりました。 とくに胴体上部の仕上がりは、われながら悦にいってます。

3_2 エアインテーク中にある、ファンの写真。 こういうの撮るのって結構好きだったりします。 なんか、プロっぽいですよね。

 

4 ちょっと仮組み。 肩と胴体をつなぐジョイント部分がきつく、少しジョイントの穴を広げたほうがよさそうです。 こういうとき、一気にくみ上げて、あとで「しまった」と思うことが多いので、とくに可動プラモには気を使います。

| | コメント (0)

訓練三日目

訓練三日目、オレンジをやっと塗れるところまで来ました。

1 メインカラーには、デザートイエローを使いましたが、キャラメルみたいな色になりましたが、準備はOKです。

 

2 色がまだらにならないように、よくかき混ぜます。 わたしは、どちらかといえば、濃い目の塗料が塗りやすいです。

 

3 指定はバーミリオンカラーなんですが、デザートイエローの上から重ね塗りすると、深みのあるオレンジ色になりました。 この状態で、乾燥待ちです。 雨季のこの季節、乾燥時間がかなり長くかかるようになりました。 製作ペースも落ちました・・・。 はやく夏がこないかなぁ。。。

| | コメント (2)

訓練二日目

もう10月、はやいもんですねぇ。 おかげさまで、今年度23作目を爆走中であります。 ポイントといたしましては、30作品越えるかどうか? というところでしょうか。

1 本日、まず、部品の組み立てから・・・。 見慣れた部品を、ランナーからパチパチと切り離していきます。 よく、飽きないんですか? と、聞かれますが、まったくあきません。 むしろ、指のリハビリ、頭の体操のためにやってます。

2 VF-1Dの特徴といえば、オレンジのライン。 いかにも練習機って言う感じがしますよね。 きれいにマスキングをして、色がはみ出ないようにしなければ・・・。

 

3 太もものパーツもオレンジが入るので、先に足をガンメタにしてから接着。 ここの部分後ハメ加工できればよいのですが・・・。 そんな技術はないですねぇ(笑 本日色塗る時間がなく、タイムアウト。 明日に続きます。

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »