« ボデーの製作 | トップページ | 夏の助っ人 »

ひたすらやすりがけ

みなさんは、どれくらいの種類の紙やすりを使い分けてますか? わたしは400を表面傷処理、600をつや消し仕上げ用、1000をつやあり仕上げ用に使ってます。 普段はつや消し作品ばかりなので、400、600でほとんど足ります。

さて、ボデー2日目、メイン部分の表面処理をはじめます。
1_2 まず、ノーズから。 中央の合わせ目部分は外向けに少しそっているので、接着後、瞬間を盛っていきます。 次に400で荒削りをおこない、600、1000と目を細めていきます。 この作業、なんでもないと思っていましたが、たっぷり1時間かかりました。 写真は2回目のやすりがけ前です。

2_2 次にメインボディー左右にあるインテークの取り付け。 ここにも段差が出来るので滑らかな曲線が出るまでひたすらやすりがけ。 わたしは水で紙やすりを浸してやすります。 ドライやすりのほうがいいのかな?

|

« ボデーの製作 | トップページ | 夏の助っ人 »

FERRARI F2001」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
クルマのボディーって大変ですよね。
サフ吹いた方が分かり易いですよ~

投稿: 躍人 | 2007年8月15日 (水) 15時42分

躍人さん、こんにちわー。
キュッキュッと音が鳴るまで磨いてます。
サフ吹き、重要ですよね。 アドバイス感謝感謝です!

投稿: かず | 2007年8月16日 (木) 00時26分

この記事へのコメントは終了しました。

« ボデーの製作 | トップページ | 夏の助っ人 »