« 盾の製作 | トップページ | 本丸 G-アーマー製作 »

航空力学的にどうなんだ? コアファイター

本日も、当プラモBlogにお立ち寄り、まことにありがとうございます。

昨日、「会社でも牛飼いさん」に指摘されてガンダムをよく見ると・・・

Imgp1909 OTZ・・・ 史上初、腕の関節が後ろに曲がるガンダム!!!

・・・もう、接着したから、なおせませんって(汗

 

さて、では、気を取り直して、航空力学的にどうなんだろう的なコアファイターいってみます。

0_21_2  これも、後付けできないので、コックピット部分を先に製作しました。 ライトブルーのキャノピーにブルーの機首です。

 

3_22_2 仮組みしてみたんですが、どうも合いがイマイチのようで、かなり削らないとだめみたいです。 今回の「ガンダム 腕逆じゃん事件」があったため、仮組みの大切さが身にしみて分かります。 もう、遅いって?

5_24_2  機体内部が白なので、ここもささっと吹いて仕上げます。 にじみもないく、きれいに塗れました。

 

76 前から見ると、こんな感じ。 エアインテークの部品と、垂直尾翼を取り付けたら完成ですが、本日はココまで。

|

« 盾の製作 | トップページ | 本丸 G-アーマー製作 »

GUNDAM POWER UP "G ARMOR"」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
エンジンの推力さえ十分なら空力学的にどうでも飛ぶでしょう(笑
それよかエアインテークの存在意義の方が疑問かも(爆

しかし快調な製作ペースですねぇ。羨ましい…

投稿: 躍人 | 2007年8月 8日 (水) 23時25分

躍人さん、コメント感謝です!
たしかに、エアインテーク・・・大気圏内飛行時にでも
使われるんでしょうかねぇ。 そうすると、翼の形状的に
常時音速で飛んでないと、落ちそうかも・・・。
そんなこと突っ込み始めたら、SFの科学を思い出しますね。
ウルトラマンが地面に着地したら足が地面にめり込んでしまうとか、
ロボットは自重が重すぎて2足歩行できないとか(笑
まぁ、プラモですし、細かいことはきにしないでおこう(汗

快調な製作ペースは、リビングルームに作りかけのプラモを
そのままおいていても何も言われず、塗装したいときに
トイレを塗装ブースにしても、いつもニコニコしている家族の
ありがたい配慮のおかげですね。

投稿: かず | 2007年8月 9日 (木) 05時46分

この記事へのコメントは終了しました。

« 盾の製作 | トップページ | 本丸 G-アーマー製作 »