« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

修正につぐ修正・・・

000_9 塗装したところのマスキングを剥がしてみると、あちらこちらでにじみやズレ、塗装のかすれが見つかり、修正で2時間費やしました。 あと、スミイレを赤で入れてみました。 すこし、パネルラインに濃淡が出て、シャープな感じに見えます。 しかし、3Mのマスキングテープも、タミヤのマスキングテープに比べると、かなり質が落ちますね。 もっとも、精密用じゃない3Mなので、仕方ないことですが・・・。

| | コメント (2)

塗装のつづき

000_7 赤を塗ったあと、白のストライプを入れないといけない部分を忘れていたので、急遽マスキングして塗装することにしました。 しかし、このまま白を乗せるのは、無理なので、まず、白のサフを4回吹いてから、白を重ねました。 あぁ、今日はあんまりすすみそうじゃないなぁ。。。

 

001_9赤と白の塗りわけが難しく、戦闘機と違って、なめらかな体型ではないので、マスキング処理に苦労しました。 なんども筆塗りで修正しました。 明日中に完成するかなあ・・・。

| | コメント (0)

塗装開始

腕の可動部分は、一日置くと、しっかり乾燥しました。 ただ、ポリキャップのほうには、ひねりの力がかかるので、もう一日様子を見たほうがいいようです。

が、ただ、待っているのもなんなので、塗装を始めることにしました。

イタリアンレッドとブライトレッドのどちらにするか迷いましたが、ブライトレッドでいってみます。 このブライトレッドは、F-16CCVを組んだときに使ったもので、すごく発色がいい赤色です。

000_6 とりあえず、白に塗装するところをマスキングして、吹いてみました。 写真では暗めですが、いい色ですよ。 ロボットって言うかんじの色です。

 

001_8 10分ほどで、乾燥します。 もう、北カリフォルニアは、乾季に入りかけてますよ。 今日は、最高気温が33度ありました。 あちー。

 

002_5 プラモと関係ないですが、今夜は、広島焼きを作りました。 ソースはおたふくソースです。 

| | コメント (0)

腕の可動

Blogもすこし調子よくなってきました。 こんにちわかずです。

000_5 本日は、腕のひねり関節の追加です。 前回のVF-1Aのときのおさらいですね。 今回は手際よくすすみます。 瞬間でランナーを固定して、乾燥まで1日待ちます。 また受け軸側は、ポリキャップを埋め込み、これまた1日乾燥させます。 明日には、乾燥してるかな。

| | コメント (0)

次行きマース

がぜん、調子の出てきた、かずです。こんにちわ。

本日のお題は、VF-1J ミリア機です。

000_4001_7 以前作ったVF-1Aと同じないようです。 デカールは若干違うようです。 また、お楽しみの黒いポリ袋が入ってます。 前回はミンメイでしたが、今回は、なんでしょ???

 

 

 

002_3 おぉぉぉ。 フォッカー少佐じゃないですか。 ちょっと顔の作りが若めですが、いいコレクションになりそうです。

 

003_3 プラモ製作というより、プラモ製造ですが、完成目指してがんばります。

| | コメント (2)

九番機 ロールアウト!!

一ヶ月ちかく、多忙のためブログ更新が滞った かずです。 こんにちわ。

更新していないのにもかかわらず、毎日たくさんの人がチェックしていてくれていたのを知って、申し訳ないです。

更新は怠っても、プラモ作業は怠っていませんでした(笑

一ヶ月あきましたが、F-14D完成です。

とりあえず、作業内容を どぞ・・・。

000_3 まず、機首の根元部分の塗装から入りました。 この作業をしていた頃は、ブログの調子が悪く更新しようとすると、エラーが出て、更新できず、だんだんと、更新作業から遠ざかってました。

 

001_6 エンジン上部は、ヘイズグレーを吹きました。 この色が、一番しっくりくる感じがしますね。

 

002_2 機首部分上部は、ブラックで。 ここで、「あれっ?」と思った人は、ビンゴですよ。

 

003_2 左側がすこしはみ出てしまった・・・(汗

ここは、目立つところなので、修正しないと・・。

 

005_1 ここで、水平尾翼にひと工夫。 以前作ったマクロスのポリキャップを、垂直直尾翼の内側にはめてみると、ぴったり! これで、稼動する尾翼ができました。 念のため、瞬間できっちり固定しました。

 

006_1 機首に黒のストライプを入れます。

 

 

007_1 タイヤはラバー製、ホイールは金属製です。 こういったプラ以外で作られたものを使うのは初めてですが、けっこうリアルですね。

 

008 かるーく、サフ吹きました。 吹かなくてもよかったかなぁ。

 

 

009 タイヤ装着。 さりげに、機首にデカール貼ってます。

 

 

010 ひさびさのパーティングラインが中央に。。。 けしけし地獄が始まりました。

 

012 ここで、垂直尾翼の製作に突入です。

やっぱり、あれは、このカラーですよね?

 

013014  この威圧感ある黒。 これぞ、F-14ですよねぇ。。 ほこりも付かず、いい感じに仕上がりました。

 

015 このデカール、F-4用に売られていたものを、購入しました。 F-14のものより、若干ひしゃげているかんじはしますが、まぁ、遠めにはわからないですね。

 

016 ジョリーロジャースラストフライト。 ええかんじです。

 

 

017 うらのレターは派手目ですが、プラモっぽくていいです。

 

 

018あとは、アンテナ類を取り付ければ、完成です。

 

 

 

 

 

では、かんせいしゃしんどぞー。

 

023 022 021 020 019 024_1

 

 

エルロンには、針金を仕込んで、稼動するようにしました。

とにかく、九番機 完成!

| | コメント (4)

胴体の製作

3月中に完成させる予定でしたが、パーツ点数が多すぎて、無理でした。

しかし、今日も、製作行ってみたいと思います。

000_2 作業マットからはみ出しそうな大きさです。 パーツの合いはそこそこだと思います。 10年前の金型なので、表面のモールドは精密ですが、側面は甘いです。 それにしても、大きいなぁ。。。

 

001_2 バルカンの銃身などの、内部が再現されているのですが、今回はすべて閉じました。 コツコツとですが、すすんでます。

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »