« パイロット製作 | トップページ | 翼の製作 »

パイロット製作 完結編

一ヶ月毎日連続更新をがんばってきたのに、ココログメンテナンスで2日も更新を止められてしまった、かずです。 こんにちわ。

どんなへぼい技術者を雇って更新作業をしているのか分かりませんが、システムの更新作業が頻繁にあり、しかも、その間Blogの更新どころかコメントすら書き込めないというのは、思ったことを好きなときに気軽に書き込めるというBlogのコンセプトを無視したデリカシーのない作業方法だとおもいますねぇ。 

あぁ、だから、みんなココログから去っていくのか・・・。

それでも、がんばって使い続けるので、ココログさん、がんばれ(どっちの味方?

では、本日も、張り切っていってみます。

切断してちょっとがに股気味になったパイロットを製作します。

000001002 まず、酸素マスクはずしてる、おぢさんの製作から。 このひげ親父、愛嬌ありすぎです。 ちゃんと、ひげもはえてます(笑 コックピットに乗せてみると、結構いい感じに見えます。

もうひとりは

003 操縦担当のパイロット、操縦桿とスロットルの上で、腕を構える体制にしました。 この2人、アンバランスでいいです。

 

 

では、色塗り行ってみます。 パイロットスーツ何色にするか悩んだんですが、ツヤなし緑で・・・。

 

004

 おぉ。 いい味出てます。 スケール48だと、目も入れられるので、結構好きです。 実は、この、パイロット作り、お気に入りの工程の一つなんですよね。 ねずみ色のプラモに命が吹き込まれる感じがします。 とくに、目ん玉があるかどうかで、ぜんぜん表情が違いますよねぇ。

 

 

005 もうひとりのパイロットは、こんな感じ。 UVシールドつけてるのも、いいですね。 マスク、手袋、ブーツはミッドナイトブルーにしてみました。 別売りのパイロットには、いろいろデカールかついていていいですね。 腕の星条旗のデカールがいい味出してます。

 

00510055005200530054

 

 

 

 

 

おもわず、たくさん写真を載せてしまいましたが、「イイ!」です。

こういうのは、眺めてもイイ感じですねぇ。 残りパーツもだんだん少なくなってきました。 今日は、ここで止めて晩酌でも・・・。

 

006 わたしの地元、兵庫の酒 黒松白鹿です。 これって、カリフォルニアでは、比較的手に入りやすいんですよ。 このまま、冷やさず暖めず湯のみに入れて飲みます。 この清酒を飲むとき、「あぁ、日本人だなぁ」 と思いますね。 ビールもワインも飲みますが、これが一番まったりする酒かも。。。

 

 

007 自家製、イカと数の子の松前漬けです。 数の子も普通に入手できます。 あと、塩辛、わさびのり なども酒の肴になります。

 

ということで、F-14D製作記、まだまだ続きますので、このBlogをご贔屓に!

|

« パイロット製作 | トップページ | 翼の製作 »

F-14D」カテゴリの記事

コメント

ひげの生えたRIOですか~こんなのあるんですね。
作るのが面倒なので私はほとんどフィギア作りませんよ。
うまく出来ないのも理由の1つ。
---
兵庫出身でしたか。
雨の日に神戸のアウトレットをちょっと歩いたことしかないですね。
日本酒は私ものみますが強くないので次の日は2日酔いで立ち上がれなくなります・・・

投稿: 模楽造 | 2007年3月29日 (木) 22時46分

こんばんは
搭乗員フィギュア、キマってますね~
良いですよ~

アメリカでも日本酒が手に入るんですか。
知りませんでしたよ。

投稿: 躍人 | 2007年3月29日 (木) 23時13分

模楽造さん>
マリーン用のデッキクルーセットにだけ入ってるんですよ。 愛嬌あっていいですよ、これ。 スケール72では、なかなか、顔の表情まで描けませんね。 だって、スケール72のパイロットの顔の表情を描くのって、米粒に顔書くのと同じくらい、精密さが求められますもんねぇ。。。

はい、兵庫です。
日本酒でも、二日酔いになるものとならないものがありますねぇ。 血中のアルコール濃度が同じなのに、酔ったり酔わなかったり。 それは、体調にもよりますし、その酒に含まれている不純物の違いに因ったりしますね。


模楽造さんも、F-18もうすぐですね。
カコイイホーネットを期待してますよ。

投稿: かず | 2007年3月30日 (金) 13時49分

躍人さん>
ええ、ばっちり決まりましたよ。 でも、パイロットにここまで気合入れると、機体のほうがおざなりになるという傾向にあります(笑

焼酎(麦、そば、芋、米)泡盛、日本酒(菊水・上善水如などなど30種類以上)など、豊富に手に入りますよ。 しかも、酒税の関係で、日本で買うより、安いものもあります。

投稿: かず | 2007年3月30日 (金) 14時00分

この記事へのコメントは終了しました。

« パイロット製作 | トップページ | 翼の製作 »