« 七号機 八号機 ロールアウト | トップページ | 出張 »

F-14D Final

意味深なタイトルで、今回はスタートします。

とうとう、F-14も消えるのですねぇ。 映画「トップガン」で有名になったF-14が現役から消えていくというのは、悲しいことです。 しかし、F-35の開発や、F-18の台頭のなかで、ギミックよりも、性能という実を選んだNAVYに、もんくはないです。

現役戦闘機モデラー(そんなカテゴリーがあるのかどうか?)のわたしとしては、

このF-14Dが最後のF-14になるかもしれない・・・。

そういう意味をこめてFinalというタイトルをつけました。

今回使用するのは、ハセガワの F-14D CVW-14 スケール48です。

000_8 セールで20ドルでした。 日本ではあまりないですが、中古プラモデルキットです。 どういうルートでこういう中古が流れているのか分かりませんが、ランナーはほぼ切られた状態でパッキングされています。 ちなみに、パイロットは紛失?らしいので、ハセガワのクルーセットから拝借予定です。

001_37 キットの概要をみて、驚きました。 247パーツ! 初の200パーツ越えです。 ここまで多くなってくると、プラモというより、パズルに近いですね。 いくらお気楽モデラーの私でも、今回は気を引き締めないと、蜜柑になりそうです。

002_31 今回は、いろいろな特殊パーツが盛りだくさんです。 私的に、初のエッチングパーツ(キャノピーのバックミラーなど)や、ゴムタイヤ、金属製の車輪などなど。 出来たら、すごいだろうなぁ、と、他人事みたいに記事かいてます。 これからが、大変だ・・・。

|

« 七号機 八号機 ロールアウト | トップページ | 出張 »

F-14D」カテゴリの記事

コメント

中古プラモデルキットって個人が買い取り店に売ったというものじゃなく、バラバラパーツ袋詰めなんですか?
すごいビックリ。
日本だとオークションでジャンク扱いですね。
部品請求のため過剰生産したパーツの寄せ集めなんですかね?
安いくてちゃんと作れるならこれでもいいなという気がします。
初エッチングパーツ頑張ってください。
私は嫌いなので何のアドバイスも出来ませんが。

投稿: 模楽造 | 2007年3月21日 (水) 23時16分

本当に、部品に少し、部品番号のランナーが残っているだけで、A部品B部品と言うのを探すときに苦労します。
店屋の親父も教えてくれないんですよねぇ。 どういうルートで入手したのか。 もしかしたら、その親父が造ろうと思って家に持って帰って造り始めたが、結局蜜柑山送りになったので、どうせなら、売ってしまおうと考えたのかもしれません。
だって、そこの店、買取なんて、やってませんしねぇ。

とにかく、蜜柑の中古トムキャット、わたしが完成させますよ。

投稿: かず | 2007年3月22日 (木) 10時28分

この記事へのコメントは終了しました。

« 七号機 八号機 ロールアウト | トップページ | 出張 »