« 弐号機 ロールアウト | トップページ | すこしづつ »

フィンランド祭り 参加キボンヌ

昨年の水祭りにひきつづき、「フィンランド祭り」というものが行なわれてるというのを、トーイさんから聞き、Su-27の気分転換に、参加してみることにします。

しかし、BlogModelersが主催ではないようで、主催者がわかりません(笑

とりあえず、「参加キボンヌ(死語・・・)」

参加条件は、フィンランド所属機を中心に、東欧系ならなんでもいいそうですが、せっかく「フィンランド」と銘打って行なわれる祭り。 フィンランド機でいこうではないですか。 現在のフィンランドの主力機はF-18ですが、デカールが別売りのものしか見当たらなかったので、別のものをエントリーしようと思います。

で、プラモ屋で探してみると・・・。

フィンランドのみにスポットを当てた機体がありました!

01_25 アカデミーのMig-21です。 金型は、1986年となっています。 $6.75と安かったです。 ひさびさのスケール72なので、緊張しますね。 ちなみに、アカデミー製品を買うのは初めてです。

 

02_22 いつも、100点程度パーツのある機体ばかり作っていると、このMigはとてもシンプルにみえます。 ポイントは、デカールが、フィンランドしかない点です。 韓国製のアカデミーでフィンランドのみにスポットを当てたデカール・・・需要あるのかなぁと思われますが、 これぞ、フィンランド祭りのために売り出されたといっても過言ではない一品かと思います。 機体色はシルバーですが、一部BareMetal指定があるので、スプレーを買い足してきます・・・。

|

« 弐号機 ロールアウト | トップページ | すこしづつ »

MIG-21 F」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
えーアカデミーからこんなの出てたんですね。48でPFがあったのは知ってたんですが、しかも初期のFではないですか!
コピーだパクリだといわれるアカデミーですが、結構粒ぞろいで組み立てやすいので、わたしは好きなメーカーです。製作記、楽しみにしています。

投稿: rocketeer | 2007年1月11日 (木) 13時07分

rocketeerさん おひさ&こんにちわ。

これって、掘り出し物なんでしょうかね? 店主いわく、最近仕入れたものらしいので、製造はまだされているのではないでしょうか?

アカデミーって、トランペッターのコピーというのを聞いたことがありますが、HobbyCraftは、そのアカデミーからコピーしたものだそうです。。。

BareMetalのスプレー入手しましたので、ささっと製作したいと思います。

投稿: かず | 2007年1月11日 (木) 18時11分

こんばんはー。
とうとうエントリーしましたね(笑)
お待ちしておりました。

ちなみに、主催者は「今一つ突き抜けないわけで」のMach0.9さんです。

会場(仮の?)は以下の場所です。
 お上フィン×お下フィン祭 掲示板
 http://g2n001.80.kg/finmatu/

投稿: トーイ | 2007年1月11日 (木) 20時22分

トーイさん。
エントリー会場にて、登録してきました。
がんばりますよ。

投稿: かず | 2007年1月12日 (金) 02時47分

何度もすみません
>HobbyCraftは、そのアカデミーからコピー
ホビークラフトはかつてアカデミーにマスター製作&量産を依頼していたらしく、契約の解釈の違いからか、アカデミーがホビークラフトからの依頼アイテムを自社で発売してしまい、ひと悶着あったようです。
でもいくつかのキットでは、ホビクラ版では間違っていたところがアカ版では直っていたりして、イコールではないみたいです。

投稿: rocketeer | 2007年1月17日 (水) 16時18分

rocketeerさん こんにちわ
情報ありがとうゴザイマス & 遅レスすみません。
HobbyもAcademyも、コピー物を出す会社という認識しかなかったので、新しい情報ですね。 わたしも、スケール32のAcademy製品はいいものが多いと思いますね。

少なくとも、rocketeerさんにとって、
Academy>>>>超えられない壁>>>>HobbyCraft
ということが分かりました(笑

Su-27のHobbyCraftに関する情報は、
http://www.k2.dion.ne.jp/~konjyo/index.html
から入手しました。 ここのモデラーさんは、ほとんどの
Su-27モデルを網羅・リストアップされています。
Su系のキットを作成する場合は、大いに参考になると思います。

投稿: かず | 2007年1月19日 (金) 12時59分

この記事へのコメントは終了しました。

« 弐号機 ロールアウト | トップページ | すこしづつ »