« デカールはり | トップページ | 弐号機 製作開始 »

2007年度 初号機 ロールアウト  (初夢は鷲だった?!)

みなさん、初夢は見られましたか?

1、富士 2、鷹 3、なすび

とありますが、私の目の前に現れたのは、鷹(Hawk)ではなく、鷲(Eagle)でした。

ここに、F-15Eagle E型 のロールアウトを発表します!

02_17 まずは、機体左側から・・・。 ひさびさに、渋い機体を製作したという感じがします。 単色で、楽でした。

 

01_19

 次に、正面から・・・。 サイズ48の機体は、いいです。 カッコいいです。 F-22より、正面から見た姿は好きですね。 制空権は俺が守るっていう、気迫が、この正面の絵から伝わってくるような気がします。

 

 

03_10 コックピットと、エアブレーキ周辺を接写。 プロの方から見れば、鼻で笑われるかもしれませんが、いいんです! これでわたしは満足ですから。

 

04_5 苦労した排気口周りの支柱の取り付け・・・。 ひさびさにピンセットを使って、取り付けましたよ。 その甲斐あって、いい感じです。

 

05_5 さいごに、兵装を。 このF-15E最大のなぞは、 全体的に凹モールドなのに、ドロップタンクだけが、なぜか凸モールド。 凸を消さないように作業するのは、ちょっと大変でしたが、消さずにきれいにモールドが残りました。 あと、ミサイル類にも、デカールが付属するのもうれしいですね。

この機体は、F-15好きなら、ぜひお勧めしたい製品です。 (Revellの回し者じゃありませんが)完成度も高く、こなれていると思います。 これとは別に、F-15CもRevell-Monogram製として出ていますが、詳細は不明です。

ではみなさんも、じゃんじゃん完成させて、蜜柑山を突き崩していってくださいね(笑

|

« デカールはり | トップページ | 弐号機 製作開始 »

F-15 E」カテゴリの記事

コメント

2007年1号機完成おめでとう~
F-15Eらしいちょっと悪そうな色ですね。
エンジンはメカっぽくてすす汚れ?がいい感じです。
これは1/48ですか?
うちにも途中まで作ったタミヤのC型があります。
何か変わったことして完成させたいと思っています。

投稿: 模楽造 | 2007年1月 4日 (木) 10時35分

ほんとは、年末に完成予定だったんですが、やっぱり無理でした・・・。 F-15Eは、たしかに、正面から見ると、悪そうな感じですね。 そこがF-22より個人的にいいと思う点かもしれません。
エンジン部分は、ラッカーのガンメタルの上に、ライトガンメタルを吹き、エナメルのフラットアルミでドライウォッシュしてみました。
これは、1/48 Revell F-15Eという製品です。

C型は、ライトグレーだったような気がしますが、完成させて、ぜひBlogに載せてくださいね。 がんばってください。

投稿: かず | 2007年1月 4日 (木) 15時05分

亀レスですみません。
完成おめでとうございます。
コクピットあたりに問題ありげに書かれてますが、
私などから見れば充分な出来に見えるのですが…
本人が納得できているなら良いではないですか。
とてもカッコいいですよ(^-^)

正月買いでタミヤの旧1/100ミニジェットシリーズの売れ残り2種と、
1/100コンバットプレーンシリーズ6種を買い込んだので、
ジェット機もちょこちょこ作っていきたいと思います。
シリーズ中ではA-6Aイントルーダーが一番好きです。

フィンランド祭りは、フィン空に限らずソ連含むヨーロッパならOKというゆるい祭りのようなので、スウェーデンのジェット機などで参加されてはいかかでしょう?
私もサーブ・ヴィゲンをエントリー予定です。

投稿: トーイ | 2007年1月 5日 (金) 20時52分

レスありがとうございます。

わたし自身、資料もなしに素組みする、へっぽこモデラーですので、こまかい点をチェックされると、ほころびが・・・。

1/100シリーズは、ちかくの模型屋でも、みますが、購入したことがないですねぇ。 他のモデラーさんが製作しているのを拝見すると、32や48を作るわたしには、精密な作業過ぎて、難しいかも・・・。 イントルーダ、昔作りましたよ。 昔は、海軍系の戦闘機が好きだったのですが、F-16にはまってから、すこし遠ざかってますね。

フィンランド祭りですか。 んー、ヨーロッパでよければ、EF-2000をもう一機作って、参戦するかなぁ。 これって、どこの主催で、いつまでされてるのですか?
質問ばかりですみません。

投稿: かず | 2007年1月 6日 (土) 07時55分

この記事へのコメントは終了しました。

« デカールはり | トップページ | 弐号機 製作開始 »