« つぎいってみよ~ | トップページ | 時代を感じる »

コックピット製作

さて、まず、コックピット製作から。

001_4 スケール72なのに、コックピット・計器パネル類はすべて、モールドで表現されてます。 なかなか、72で、ここまでキレイに表現されているものって、多くないんじゃないでしょうか? ある意味、すごいキットかも。

 

002_4 まず、内装類の塗装。 塗料を節約するために、同色の部品類は、まとめてスプレーします。 これで、けっこう塗料の節約になるんですよ。

 

003_2もちろん、メインパネルもモールドです。 ただ、デカールも付属しているので、ブラウン管部分だけデカールを貼ってみたいと思います。 まず、ベースにフラットブラックを吹きます。 その上に、デカールの発色を良くする為にグロスホワイトを手塗りしました。 見た目あんまり上手くないですが、デカール貼ったら、目立たないだろうと・・・希望的観測。。。

004_2005_1 おぉ、いい感じじゃないですか。 いつもながら自画自賛ですが。 この方法、ほかにも使えそうな気がします。 

 

006 なかなか上手くまとまったコックピットかと思います。 ただ、サイドパネルのデカールが、ハデハデすぎる気が・・・。 なんだか、アニメの戦闘機みたいですかねぇ・・・。 まぁ、キャノピーつけたら、あんまし目立たない部分ですし、ちょっと派手くらいがいいかも。

 

昨日、躍人さんと、MIG-29がフィン空軍で運用されていたのかどうかということで、コメントをやり取りしたのですが、わたしには、よく分かりません。 ・・・ということで、取説のデカール面を載せておきます。

001_6 デカール自体は、日本で作られたみたいです。 ④のデカール指示に、Finnish Air Forceとありますね。 もしかすると、冷戦時代に、政治戦略として、(ソ連の兵器販売圧力に負けて)購入したのかもしれないですね。

|

« つぎいってみよ~ | トップページ | 時代を感じる »

MIG-29」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
メインパネル良い感じですね!

ところでフィン祭りの掲示板に書き込んだところ、フィンランド空軍はMIG29を1機も導入してないそうです。詳しくはフィン祭りの掲示板を見てみてください。
でも、フェイクなマーキングを涼しい顔して指定するとは、フジミを見直しちゃった。

投稿: 躍人 | 2007年1月28日 (日) 16時38分

こんばんはー

どーやら純正でフェイク仕様な悪寒ですねえ
やるなあフジミ
っちゅーか
デカールの見直し位はしろよフジミな感じですねえ(・ω・)

投稿: しょぼんぬ | 2007年1月28日 (日) 19時55分

躍人さん>
レスどもです。
フィン掲示板見ました。
このフジミ製品が、1987年製で、しかも冷戦下のアメリカで販売していたということで、総合的に考えると、「飛ばし製造販売」だったのではないかと? 当時フジミが、「MIG-29、フィンランドも購入予定」なんていう、スポーツ誌的な記事に飛びついて、他のブランドに先駆けてだしたような気がします。

たとえば、YF-35という戦闘機がありますが、 一部では、F-35として、普通に売ってますよね。

でも、架空運用機には違いないので、フェイク部門になりますね。

どうも、いろいろお手数をかけてしまい、すみませぬ。

投稿: かず | 2007年1月29日 (月) 10時09分

しゃぼんぬさん>
こんばんぬ。
ということで、フィン空軍MIG-29 フェイク部門でおながいします。
まぁ、フジミがそのままGOしたおかげで、デカールを自作する必要がなくなったので、それはそれで、よかったなぁと。。。

投稿: かず | 2007年1月29日 (月) 10時11分

この記事へのコメントは終了しました。

« つぎいってみよ~ | トップページ | 時代を感じる »