« 完成・・・ なのですが | トップページ | 日本は大晦日ですが・・・ »

年末もプラモデル

ここにきてやっと、プラモ環境の整ったかずですこんばんわ。

次のお題は、巷で話題のというか、いぜん購入したRevell製のF-15Eです。

01_14  このRevellのF-15Eは、他のモデラーさんのなかでも、結構高い評価を得ています。 でも、この会社、当たりはずれが多いんですよねぇ。。。

 

02_11 年末なので、ささっと作っていきたいと思います。 まず、コックピットにつや消しブラックを・・・。

 

03_6 なんか、流れ作業のような感じもしないではないですが・・・。

 

 

04_2 いつもは適当に作ってしまう計器パネル類ですが、今回は、想像で配色してみました(やっぱり適当)。 でも、いい感じで仕上がりました。

 

05_2 上から見ると、こんな感じ。 シートは筆塗りです。

 

06 最後にコックピットを機首に納めてみます。 ふぅ。。。 ここまでの所要時間は1時間。 結構サクサク進める機体のようです。 機首のモールドもしっかりはいってます。

|

« 完成・・・ なのですが | トップページ | 日本は大晦日ですが・・・ »

F-15 E」カテゴリの記事

コメント

早速次回作に突入ですね。
本当にここまでの所要時間は1時間ですか?
スーパー速いですね。
コックピットもすごくいい雰囲気です。

投稿: 模楽造 | 2006年12月30日 (土) 14時33分

こんにちわ、模楽造さん。

よく考えてみると、今年だけで、F-35・F-16A・F-16 Thunderbird・EF-2000・X-29・F-16XL・Tornado・Zero・CaptainKiddと、今までで一番たくさんのプラモを1年間に作った気がします。 ここまで急ピッチに作ると、模型製作が流れ作業になりますね。 

たとえば・・・
コクピット、タイヤ⇒黒
ミサイル、車軸、格納庫⇒白
の作業を一緒にします(ランナー切り離し~塗装まで15分)。
あと、缶スプレーで塗装しているということも、短時間で仕上げる要因のひとつですね。
コックピットの手塗りは、40分以上かかりました。

わたしは、「作る」という行為自体が趣味で、うまく作ろうとか、工夫しようということに、あまり執着が無いように思います。 ですから、模楽造さんみたいに、クリアーの重ね塗りを慎重にされている記事を目にして、いつも感心させられますよ。 車系のプラモは、ほこりの付着が命取りですよね? わたしだったら、「まぁいいや」ってかんじで、そのままほこりがついたまま作業を進めそうですが・・・。

1月2日まで仕事なので、時間を見つけて、作業を進めようと思いますので、また、お時間があれば、このBlogにお越しくださいね。

投稿: かず | 2006年12月30日 (土) 15時29分

この記事へのコメントは終了しました。

« 完成・・・ なのですが | トップページ | 日本は大晦日ですが・・・ »