« 将軍サンバで ふっかつ! | トップページ | たけーよ! »

機体損傷!

以前、ひっそりと進捗を見守っておられる模楽造さんに、注意をいただいたのにもかかわらず・・・ トーネードが・・・

01_3 ぼきっ!!!!

水平尾翼の軸が折れてしまいました。 ほんのちょっと、手の甲が当たっただけなんですよ・・・ (泣

しかし、くよくよしても仕方がないので、機体、尾翼の両方に穴を開け、銅線を埋め込みました。 こういう外科手術をしやすいのも、大型模型の利点かもしれませんね。。。

02_1 こんな感じです。 1mmのものを埋め込みました。 Revellさん、可動部は、ポリキャップか、金属補強でお願いします。。。

|

« 将軍サンバで ふっかつ! | トップページ | たけーよ! »

Tornado ECR Tigermeet 2001」カテゴリの記事

コメント

あっ!やっちゃいましたね。
注意するようにって言ったのに~(ウソ)
私が思うにこのキットをこのトラブルなしに完成させるのは無理だと思います。
私の場合、潔く可動機能は諦めてボンドでがっちり接着してしまいました。おまけに主翼下のパイロンも同じ運命でした。

写真を見ると私の作った72スケールを単純に拡大して32スケールの製品をリリースしているように見えます。
パネルラインやリベット表現はキレイそうに見えるので、そこも72スケールと一致しています。

レベル社の方が日本語が分かるとは考えにくいので、
気が向いたら英語でも不満を書いておくといいかもしれません。

投稿: 模楽造 | 2006年11月10日 (金) 12時44分

全接着ですか・・・。 可動翼なので、悩むところですね。 翼を閉じたままの状態で固定すると、翼を広げると、ミサイル類は、内向きになりますし、広げた状態でミサイルを固定すると、閉じたときにミサイルが外向きになりますね。。。 んー、どうしよう。 しばらく、(壊れるまで)様子見ます。

さすがに、32になるとコックピットのモールドが細かくていいです。
72でも、よかったでしょうか。

リベットは、翼に関しては、深く入れなおしました。 (一部埋まっていたので)

もし、電凸したら、「いやなら買うな」とつっこまれるかも。。。

投稿: かず | 2006年11月11日 (土) 04時11分

コックピットのモールドもしっかりしていたと思いますよ。
翼は自分が納得できる方法で修正できればOKでしょ。
結局、プラモデルってそういうもんだよね。

投稿: 模楽造 | 2006年11月11日 (土) 13時11分

Revellもアメリカに来るまで知らなかったんですが、実際買ってみると、製品によっては、日本製よりも完成度が高いものもありますね。
尾翼の銅線は強度が不足していたので、少し太いものに交換しました。

投稿: かず | 2006年11月13日 (月) 15時34分

この記事へのコメントは終了しました。

« 将軍サンバで ふっかつ! | トップページ | たけーよ! »