« 日本酒 ライスワインを 飲す であります | トップページ | カメラ復活 であります »

組立作業 であります

昨日の記事は、酔った状態で書いたので、突っ込みはなしということで。。。

さいきん、カメラの調子がよくなく、今回は、写真なしです。 トーネードの胴体、機首がほぼ完成したので、仮組みをしてみたのですが、完成後どこにおくか?という疑問が浮上しました。 テレビの上には、EF-2000、F-16A、F-16XLなどが陣取っていて、とても、1/32のトーネードをおくことは、不可能です。 そこで、天井からつるそうかとも思っています。 みなさんは、大型作品、どこにおいておられるんでしょうね。

さて、話は変わって、パイロンの件ですが、写真がなかったので、文章で説明しますと、パイロンの突起部(翼に挿入する部分)が、くぎの頭のようになっていて、そこに、Oリングをはめることによって、パイロンが左右に回転するようになっています。 たとえがよくないかもしれませんが。。

|

« 日本酒 ライスワインを 飲す であります | トップページ | カメラ復活 であります »

Tornado ECR Tigermeet 2001」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
ひっそりと進捗を見守っている模楽造と申します。
トーネード着々と進んでいますね。
私もこの機体が好きでレベルの1/72を作りました。しかも、タイガーミートで。
(1996バージョンなのでグレーの縞々模様でした)
記念塗装機が結構好きなので、出来上がるの楽しみにしてますよ。

Oリング形式のパイロン固定は1/72も同じでした。作りづらいですよねこれ。
折れやすいので注意してください。
折れたら接着するしか手段がなくなります。
私は作成途中に機体を落としてバラバラになった経験者です(汗)

投稿: 模楽造 | 2006年10月14日 (土) 21時24分

こんにちは
パイロンの件、イメージ出来ました。
私は大型キットを作ったことがないので、なにもコメントできませんが、完成品は基本的に人にあげてしまいますね。

投稿: 躍人 | 2006年10月14日 (土) 21時27分

模楽造さん>

ども。お初です。わたしも、クルセーダーのUP記事や、テニスで筋肉痛などの記事を、密かに楽しませてもらってます。 おや、トーネード好きなのですか。 わたしは、このECRを作る以前、日本にいたころ、IDFのサイズ72を作ったことがあります。 同じ可変翼のF-14に比べて、無骨な感じがイイです。 Oリング、サイズ32でも、つくりがよくないです。本来は「C」の形だと思うのですが、「つ」に近い形をしてましたので、少し熱して、「C」に変形させました。 なので、強度不足かもしれません。 バラバラになる可能性は、なんとなくわかる気がします。 写真を見ていただくとわかるかもしれませんが、機首、吸気ダクトが一体で、胴体につなぐ境目がわかると思いますが、その接続部分には、プラスチックの接続部分(のりしろ)がありません。 つまり、接着剤の強度のみでつなぐような設計になっています。 ちなみに、機首には、55g以上の錘をいれるように指示がされているので、機首は結構重いです。 普通の接着剤だと自重で外れてしまいそうな気がします。 ご指摘、ありがとうございます。

躍人さん>

パイロン、画像? アップしました。 私も日本では、知り合いにあげていましたが、アメリカは、日本ほどプラモの地位が高くなく、知名度も低いです。 日本は、おそらく、ガンプラのおかげでさまざまな年齢層の人がプラモを認知していると思われます。 プラモに使う工具類も、日本のものにぜんぜん、かないませんね。 男子でも、プラモを作る人は、周りにいませんね。 大半がダイキャストものを購入して、飾るというかんじです。

投稿: かず | 2006年10月15日 (日) 14時58分

この記事へのコメントは終了しました。

« 日本酒 ライスワインを 飲す であります | トップページ | カメラ復活 であります »