« 水祭り ZERO ① であります | トップページ | 水祭り キャプテンキッド ⑧ であります »

水祭り ZERO ② であります

気がつけば、12日間休まずBlogを更新しているかずです、こんにちわ。 一ヶ月の間、毎日更新する記録でも作ろうかと思ったのですが、今週水曜から1週間バケーションをとるので、それも、かなわぬ夢となりそうです。 バケーション中に泊まるホテルにネット環境があれば、少し更新できるかも?

さて、上面下面の塗装がおわった「士の字」のZEROですが、風防の塗装に入ります。 風防といえば、マスキングテープでちゃちゃっと終わるのですが、ZEROの風防の鉄枠は、外回りだけでなく、格子状になっていて、マスキングで一つ一つ塞いでいくのが大変になりました。 そこで、それなら、ゾルでということを思い立ち、さらさらとまんべんなく表面にマスキングゾルを塗り、格子部分をクラフトナイフで切り取りました。

C1_8 そして、恒例ムキムキタイムです。 んー、微妙な出来ですね。 マスキングテープより、正確さが保てませんね。 ところどころ塗料がはみ出してしまい、削る必要が出てきました。 

 

C2_6 こんなにサクサク進むのは、F-16XLの製作以来ではないかと思うほど、順調です。 まぁ、部品点数が少ないので、当たり前といえば、当たり前ですが。。。 次はデカール貼りにすすみます。 わたしは大抵、マークセッターを使います。 理由は、リベット跡やパネルラインの上にデカールを貼るとき、セッターを使うと、そのくぼみに、きれいにデカールがフィットするからです。 (セッターなしだと、くぼみの上のデカールは、浮いてしまう。)

ここで、あることに気づきました。 操縦席後ろの部分の塗装を忘れてました。

C3_2 デカールにマスキングテープがかからないように、慎重に作業を進めます。 ここは、明灰白色の指定どおり吹きます。 

 

C4_2 マスキングをはずすと、ご覧のとおり。 多少カクカクしてますが、風防で隠れるので、大丈夫かと。。。 プロペラから出るバルブ管は、メタリックシルバーで塗装しました。 かっこいいッス・・・。 ちなみに、操縦席の各種機器類はすべてデカールです。 か・・・かっこワルイっす。

|

« 水祭り ZERO ① であります | トップページ | 水祭り キャプテンキッド ⑧ であります »

ZERO-FIGHTER TYPE 52」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
サクサク進んでますね!
やっぱりマスキングゾルは難しいですよね。

デカールの計器類、カッコ悪くは見えないですよ。

投稿: 躍人 | 2006年9月17日 (日) 09時24分

躍人さん>

このZEROは、1982年の金型キットらしいのですが、昔のは計器類がデカールなんですかねぇ。 デカールの計器類は、きれいなんですが、ちゃちく見えるんですよねぇ。。。

投稿: かず | 2006年9月18日 (月) 08時11分

この記事へのコメントは終了しました。

« 水祭り ZERO ① であります | トップページ | 水祭り キャプテンキッド ⑧ であります »