« F-16 塗装中であります | トップページ | パテでアリマス »

F-16 塗装中であります その2

Pict0001 F-16の吸気口です。 そのサイドにライトがあるのですが、余りにも小さいので、大きくすることにしました。写真では、ほとんどわかりませんね。小さかったので、カッターでガシガシ削りとってしまいました。

Pict00011 この写真でわかりますか? 吸気口の近くに「涙型」の凸な部品を取り付けました。 さて、次は、本体への取り付けです。

Pict0002_1

とりあえず、接合部をパテで固定しました。以前はタミヤのパテを使っていたのですが、チューブの開口部が広く、一度パテの腹を押すと、たくさんパテが出てしまい、ほとんどを無駄にしていました。今は、Testorsの狭口のパテを使っています。先が細いので、チューブをそのまま盛りたいところに押し付けたり、隙間に差し込んだりと、便利です。

Pict0003_1 さて、塗装です。胴体下部には、WinterGrayという色で塗装しました。プラモ用の缶スプレーやモデルスプレーなども手元にあるのですが、毎回洗ったりするのが手間なので、近くのホームセンターのエナメルスプレーで済ませています。実機塗装命の方には、なんとも、申し訳ないですが。。。

|

« F-16 塗装中であります | トップページ | パテでアリマス »

プラモデル」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。はじめまして。
涙滴状の部品、決まってますね。どのように作られたんでしょうか。

日本と違って色々便利なツールがあるんですね。うらやましいですよ。
このテスターのパテは色の感じからしてグンゼの白パテみたいな感じでしょうか。

投稿: あんぐら | 2006年4月14日 (金) 01時05分

コメントありがとうございます。次の日記で詳述しようと思いますので、お待ちください。

投稿: かず | 2006年4月14日 (金) 09時54分

この記事へのコメントは終了しました。

« F-16 塗装中であります | トップページ | パテでアリマス »